Menu


2017年Hot Topics in Neonatology@WashingtonDC

2018年01月26日

今年度もHot Topics in Neonatologyで当センター新生児科医芳賀先生と小林先生が演題発表をしてきました。

Hot Topics in Neonatology 2017 @WashingtonD.C. ,USA

2017年12月10日~13日まで、米国WashingtonD.C.で毎年行われている
Hot Topics in Neonatology 2017に参加してきました。初めて参加してから15年近くたちます。初めて参加したころは、日本人新生児科医はごく少数で、東京女子医大の仁志田博史先生が盛んに質問をされていました。とても刺激を受け、「自分も国際学会で発言できるようになろう!」と勝手に決意したことを覚えています。
今年も当センター若手新生児科医2名が演題発表を立派に行いました。
hottopics3
国際学会Hot Topics in Neonatologyで発表することは、当センター若手新生児科医の一つの目標となっています。来年度も、若手が続くことを祈念しています。

hottopics5THE CORRELATION BETWEEN ACYLCARNITINE PROFILE IN DRIED BLOOD SPOT AND HEMATOCRIT IN VERY LOW BIRTH WEIGHT INFANTS (ポスターPDFはこちら)


hottopics4Effect of trans-pulmonary pressure and frequency on transmission of amplitude during high-frequency oscillatory ventilation(ポスターPDFはこちら)